東北文化会館を中心にオンラインで開催された「青年福光サミット」
東北文化会館を中心にオンラインで開催された「青年福光サミット」
トークセッションの様子(仙台市・東北文化会館で)
トークセッションの様子(仙台市・東北文化会館で)

東日本大震災をはじめとした災害の教訓を風化させることなく、次世代が継承し生かしていくための「青年福光サミット」が2021年3月21日、仙台市の東北文化会館を中心にオンラインで開催された。

青年部が進める平和運動「SOKAグローバルアクション2030」の一環で行われた同サミットでは、自然災害の被害を受けた日本の各地と台湾の青年部が報告を行ったほか、立命館大学准教授の開沼博氏と東北の青年の代表らによるトークセッションも実施。心の復興と未来につなぐ震災の教訓をテーマに、信仰組織の役割などを巡って活発に議論した。