国連のアジア太平洋経済社会委員会が主催する「持続可能な開発に関するアジア太平洋青年フォーラム」が、2021年3月14日から16日までオンラインで行われた。

北東アジア地域のグループ討議に創価学会学生平和会議の山下事務局次長が参加。創価学会青年部が実施した「『若者とコロナ』に関する緊急全国意識調査」の結果を報告したほか、持続可能な開発目標(SDGs)の達成と気候変動問題への対策として創価学会、SGI(創価学会インタナショナル)が推進する取り組みを紹介した。