写真 5月3日を寿ぐように東京・信濃町の「広宣流布大誓堂」を青空と花々が彩る
5月3日を寿ぐように東京・信濃町の「広宣流布大誓堂」を青空と花々が彩る

5月3日は「創価学会の日」「創価学会母の日」。2021年5月3日、戸田城聖先生の第2代会長就任から満70年、池田大作先生の第3代会長就任からは61年を迎えた。きょうから「婦人部」の名称が変更され、「女性部」として新出発する。池田先生は、同部の誕生を祝し、全同志の福徳・勝利を祈念して3首の和歌を詠み贈った。

「女性部」の発足は、婦人部・女子部の70年の歴史を昇華し、女性の社会進出など時代の変化も踏まえて、女性の連帯の力をさらに強め、永遠に広布の「未来の門」を開いていくためのもの。
本年11月18日を期して、女子部も共に「女性部」として出発するが、先立つきょう5月3日から、婦人部の名称が「女性部」に。
各階層の役職も「婦人部長」「副婦人部長」が「女性部長」「副女性部長」となる。