アルゼンチンの国立ミシオネス大学のキャンパス(写真は同大学のホームページから)
アルゼンチンの国立ミシオネス大学のキャンパス(写真は同大学のホームページから)

アルゼンチンの国立ミシオネス大学から、池田大作先生に「名誉博士号」が授与されることが決定した。持続可能な社会の発展と環境保護への貢献をたたえるもの。同大学のアリシア・ビオレタ・ボレン総長から決議書が寄せられた。
今回の池田先生に対する名誉博士号の授与は、同大学の最高評議会が全会一致で決定したものである。
届けられた決議書には、先生が生命尊厳の時代を築くために、環境保護・保全への提言を発表してきたことや、世界各地で講演などを行ってきた事実に言及。「池田博士は、環境への献身的な姿勢で、現在および未来の世代を守るため、行動を続けてきた」と、長年にわたる地球社会への貢献をたたえている。