東北青年部がオンライン証言会を2021年5月30日に開催した。青年部の平和運動「SOKAグローバルアクション2030――青年の行動と連帯の10年」の一環である。
 
原発事故によって福島・大熊町から避難し、現在は郡山市で暮らす広島さん夫妻が証言した。
 
夫妻は、愛する故郷を離れざるを得なかった悔しさや不安と格闘しつつ、友の激励に奔走。池田先生と同志への感謝を胸に、“最後の一人”が福光の笑顔を輝かせる日まで、励ましの日々を生き抜くとの誓いを語った。