停滞する前線の影響で西日本を中心に記録的な大雨に見舞われ、河川の氾濫や浸水などが相次いでいる。

学会本部では原田会長を本部長とする災害対策本部を設置。中国方面(本部長=篠原中国長)と広島、岡山、山口、島根の各県、九州方面(本部長=平井九州長)にも対策本部が設けられ、学会本部と緊密に連携しつつ、会員の被災状況の把握、激励にあたっている。