写真 学会本部別館での贈呈式の様子
贈呈式の様子(学会本部別館で)

2018511日、国内最大手の出版取次会社である「日本出版販売株式会社」から、池田大作先生と香峯子夫人に「感謝状」が贈られた。

半世紀を超える、文字・活字文化の振興に対する多大な功績をたたえたもの。併せて、小説『人間革命』『新・人間革命』が本年に完結を迎えることを記念し、53「創価学会の日」「創価学会母の日」を祝賀する意義が込められている。

贈呈式は、東京・信濃町の総本部で行われ、同社の平林代表取締役社長、吉川代表取締役副社長ら一行が出席した。

式典では吉川副社長が、小説『人間革命』第1巻(1965年発刊)の流通に携わったことは、同社の誇る歴史であると強調。小説『新・人間革命』が完結を迎えるこの時に、贈呈式を挙行できた喜びを語り、「行動する詩人」である池田先生と共に、今後も言葉や本の持つ力と価値を広げていきたいと述べた。

続いて、平林社長から、代理の原田会長に感謝状が手渡され、原田会長が、池田先生の謝辞を代読した。