写真 学会本部別館での贈呈式の様子
贈呈式の様子
(学会本部別館で)

2018年5月22日、埼玉県書店商業組合から池田先生に感謝状が贈られた。

文字・活字文化振興への貢献をたたえ、5・3「創価学会の日」を祝賀する意義が込められている。


贈呈式は、東京・信濃町の総本部で挙行された。

同組合の奈良副理事長が、池田先生の偉大な精神から紡がれた言葉は、人々の善性を呼び覚まし、世界を平和へと導く原動力であると強調。

小説『新・人間革命』第30巻の上巻の発刊を来月に控えた今、贈呈式を行えた喜びを伝えた。


続いて、吉田理事長が感謝状を授与。

原田会長が池田先生の謝辞を代読した。

その中で先生は、「良書」は正しい人生の道を開く光であり、偉人を育てる力であることを、埼玉の先人たちが示してきた歴史に言及。

「地域文化の大城」「民衆文化の灯台」と光る同組合と手を携え、「生きる喜び」を広げゆく文字・活字文化の興隆へ一層、尽力したいと述べた。