梅雨前線の活発化による記録的大雨のため、西日本を中心に各地で被害がでている。
学会本部では6日、原田会長を本部長とする災害対策本部を設置。また中国、四国、九州の各方面にも、それぞれ篠原中国長、松下四国長、平井九州長を本部長とする対策本部が設けられた。
各対策本部では、被災状況の把握とともに、会員・家族等の激励に全力で当たっている。