写真 広島池田平和記念会館での法要の様子
勤行法要の様子(広島池田平和記念会館で)

広島の「原爆犠牲者・戦没者追善勤行法要」が、73回目の「原爆の日」である201886日午前、広島市の広島池田平和記念会館で厳粛に営まれた。

これには、被爆者や遺族、青年部の代表らが参列。原爆、戦争、核実験等で亡くなった全世界の犠牲者の冥福を祈り、核兵器廃絶と恒久平和への誓いを込めて勤行・焼香した。

また、先般の西日本豪雨で犠牲になった全ての方々への追善回向の祈りをささげた。

篠原中国長は、永遠平和の原点の地・広島から、不戦の潮流を広げようと呼び掛けた。