写真 山形文化会館での贈呈式の様子
贈呈式の様子(山形文化会館で)

2018年10月3日、山形県書店商業組合から池田大作先生に感謝状が贈られた。これは、長年にわたる文字・活字文化振興への多大な功績をたたえるもの。
 
贈呈式は同日、山形市の山形文化会館で行われた。
聖教新聞社山形支局の遠藤支局長、山形総県の齋藤総県長、同組合の五十嵐専務理事があいさつ。同組合の五十嵐理事長が、小説『人間革命』『新・人間革命』の連載、県紙への寄稿などの執筆を通じて、世界中の人々に勇気と希望を送り続けた先生の功績に謝意を表し、感謝状を授与した。
 
次に韮沢東北総合長が、池田先生の謝辞を代読した。
その中で先生は、米沢藩主・上杉鷹山や鶴岡市出身の高山樗牛らが“文字の力”を謳った言葉を引きながら、偉大な「文字・活字文化の太陽」を受け継ぎ、輝かせているのが同組合であると強調。また読書こそが若き生命を限りなく伸ばしていく光であると述べ、鮮やかな文化の光彩を放つ同組合とともに、明るい未来を創り開いていきたいと語った。