北海道胆振東部地震から間もなく2ヶ月。被災地では今も、懸命の復旧作業が続く。

学会の同志はこれまで清掃ボランティアや物資の提供などに尽力してきた。さらにこのほど、学会本部として北海道に義援金を寄託することを決定。野村北海道総合長、日下北海道長が26日、札幌市の北海道庁を訪れ、高橋はるみ北海道知事に義援金3000万円の目録を手渡した。

高橋知事は「学会の皆さまには常に現場主義でお力添えをいただき、頭が下がる思いです」と感謝を述べた。