写真 熊本平和会館に続々と届く救援物資を運ぶ様子
続々と届く救援物資を運ぶ様子
(熊本平和会館)

熊本県熊本地方を震源とする地震が2016年4月16日午前1時25分ごろ発生し、熊本市や同県菊池市などで震度6強の揺れを観測した。マグニチュードは7・3。気象庁は14日夜の地震が前震で、16日のこの地震が本震との見解を示した。その後も震度6強などの余震が相次いだ。同庁は、今後1週間で、最大震度6程度の地震が発生する恐れがあると注意を呼び掛けた。
 
学会本部をはじめ、九州方面と熊本県にそれぞれ設置された「災害対策本部」では、14日から救援活動に全力を注ぎ、正確な被災状況の掌握、被災された方々への激励に当たっている。
また、16日午前に震度6弱を観測した大分県でも同日、大分平和会館に災害対策本部(本部長=大塚大分総県長)を開設した。要請に応じ、熊本・大分などの各会館を地域住民の一時避難所として提供している。
学会本部でも引き続き、各地の対策本部と緊密に連携を取りつつ、被災者の支援に迅速に取り組んでいる。
 
熊本県では、被害が甚大な県央・県南地域の7会館に、3200人の住民が避難し、地元の学会リーダーや役員らが不眠不休で激励に当たっている(16日午後7時時点)。
 
このうち、熊本県の災害対策本部が置かれる熊本平和会館には、約1500人が避難を。前日は聖教新聞が届かなかった同会館。16日朝は、朝食とともに聖教新聞が配られた。
その紙面の中には、池田SGI会長が本部幹部会に寄せたメッセージが——。
「わが九州家族の不屈の団結で、変毒為薬していかれるよう、お願いいたします。私たちも全力で応援をいたします」との力強い呼び掛けに、多くの友がうなずき、勇気を得ていた。
同会館では、16日午前9時ごろに断水。トイレなどの使用が制限されるなか、新名九州長、鷹尾熊本総県長、富永総県婦人部長が館内外を隅々まで回って避難者に声を掛け、励まし続けた。
 
この後、新名九州長と鷹尾総県長らは、亀裂や断水、停電等の被害地域に立つ熊本西文化会館、熊本会館、熊本文化会館を相次ぎ訪れ、激励に当たった。県内には今も救援を待つ友が数多くいる。

阿蘇白菊会館では、約150人が避難し、支え合っている。
道路が寸断されるなど、移動経路が閉ざされている阿蘇。16日午後6時ごろ、
九州災害対策本部の役員が大分県から入り、同会館に到着。懸命に状況掌握に努めている。
 
一方、大分総県の大塚総県長、大分池田県の橋爪哲士県長は16日、由布市湯布院町へ。
屋根の瓦が落ち、ブロック塀がなぎ倒される尽大な被害状況の中、地元の会員の声に耳を傾けた。
大分県では、県北・県央の4会館に約220人が避難している(16日午後9時時点)。