写真 青ケ島小中学校での贈呈式の様子
贈呈式の様子(青ケ島小中学校で)

2018年3月12日、東京・伊豆諸島の最南端に位置する青ケ島の村立青ケ島小中学校に、創価学会から優良図書300冊と書架が贈呈された。今後5年間、毎年20冊が追加で贈られる。

記念式典では、伊豆諸島栄光圏の青木書記長が目録を贈呈。
生徒の代表は、「読みたい本があってうれしい」と喜びを語った。
川元校長のあいさつの後、片岡教育長が「読書をすることで、さまざまな時代の人と友達になれます。感謝の心を忘れず、たくさん本を読みましょう」と呼び掛けた。