写真 東京上野平和講堂での勤行法要の様子
勤行法要の様子
(東京上野平和講堂で)

2018321日、「創価学会春季彼岸勤行法要」が「春分の日」を中心に、全国の主要会館、墓地公園、納骨堂などで営まれている。


池田大作先生は21日、総本部(東京・新宿区)の創価学会第2館で勤行・唱題を厳粛に行った。広宣流布に連なる全ての方々の先祖代々の追善回向を懇ろに行い、三世永遠の福徳と安穏を深く祈念した。

 

原田会長は同日、東京上野平和講堂(台東区)で行われた勤行法要に出席した。その中で会長は御書に照らして回向の意義を確認。広布のために動く功徳は、無量無辺であり、一家眷属のみならず縁する全ての人の成仏を可能にすると強調し、「自他共の幸福を開く広布の大道を決意も新たに歩み抜こう」と呼び掛けた。