このページの位置情報
おすすめコンテンツ
画像 希望の譜 Selection
池田先生の詩を朗読と美しい風景の映像に載せて配信してきた「希望の譜」を厳選いたしました。
画像  仏教ものがたり 釈尊の時代の弟子たち
SOKAnetムービーで配信する動画から「釈迦の弟子」をもとにした創作物語のアニメーションをお届けします。
画像  お役立ち 活動アイテム集
2019年、年賀状テンプレートを配信しています!
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
創価学会 総本部
クレアティオ
友人葬
画像 東北「心の福光プロジェクト」
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
SOKA ONLINE STORE
This is My Name

会員サポート

  • 1月の広布史
  • 2月の広布史
  • 3月の広布史
  • 4月の広布史
  • 5月の広布史
  • 6月の広布史
  • 7月の広布史
  • 8月の広布史
  • 9月の広布史
  • 10月の広布史
  • 11月の広布史
  • 12月の広布史

2月の広布史

2月の広布史 戸田第二代会長 誕生日

写真 戸田城聖第二代会長

戸田城聖第二代会長

印刷用PDFをダウンロード
1936KB

※こちらのコンテンツをご覧頂くには、
Adobe Reader が必要です。下記の
アイコンよりダウンロードしてください。

Get ADOBE READER
ダウンロードの操作に困ったら

師とともに創価教育学会を創立
2月11日は、戸田城聖・第二代会長の誕生日です。1900(明治33)年石川県に生まれた戸田会長は、その後北海道に移り住み、1920(大正9)年、大志を抱いて上京します。生涯をかけて悔いのない「人生の師」を求めていた戸田青年は、牧口常三郎・初代会長と出会い、「この人なら信じられる」と師弟の道を決然と歩みはじめました。

やがて、日蓮大聖人の仏法にめぐりあった牧口会長と戸田会長は、1930(昭和5)年11月18日に『創価教育学体系』の第一巻を刊行します。この日が、創価教育学会の出発の日であり、のちの創価学会創立記念日となったのです。
戦争の泥沼へと突き進む、時の軍部政府の思想統制に、断固として抵抗した牧口会長と戸田会長は、1943(昭和18)年7月6日、治安維持法違反・不敬罪の容疑で逮捕・投獄されました。牧口会長は獄中で尊き殉教をとげ、戸田会長は2年に及ぶ獄中闘争を貫いて終戦間際の1945(昭和20)年7月3日に出獄します。

学会の永遠の発展の礎を築く
獄中で唱題に励み、法華経を繰り返し読むなかで戸田会長は「地涌の菩薩」の使命を自覚し、牧口会長の志を継いで生涯を広宣流布に捧げようと決意。出獄後、創価教育学会を創価学会と改称し、「この地球上から“悲惨”の二字をなくしたい」と、ひとり闘争を開始します。
1951(昭和26)年5月3日に第二代会長に就任。その時に掲げた願業である「75万世帯の弘教」をのちに達成。『日蓮大聖人御書全集』の発刊、創価の平和運動の原点となる「地球民族主義」の構想や「原水爆禁止宣言」の発表など、広布史に燦然と輝く数々の偉業を成し遂げながら、戸田会長は次代を担う青年の育成に全魂を傾け、盤石(ばんじゃく)なる広布の礎(いしずえ)を築きます。
1958(昭和33)年、3月16日の「広宣流布記念式典」で「創価学会は宗教界の王者である」と師子吼し、池田青年(現名誉会長)をはじめとする後継の若人にすべてを託した戸田会長は、同年4月2日、広宣流布に捧げた58年の尊き生涯を閉じられたのです。

コラム

師弟不二の勝利「二月闘争」
「この二月、見事な勝利の結果をもって、戸田先生の誕生の月をお祝いしようではありませんか!」。1952(昭和27)年1月、蒲田支部の支部幹事となった24歳の池田青年は師子吼しました。
「75万世帯の弘教」を掲げ戸田第二代会長が就任してから9か月。弘教の戦いは思うように進んでいませんでした。停滞した雰囲気を一変させるべく、戸田会長は新たな前進の波動を起こす“ふところ刀”として愛弟子の池田青年を蒲田支部の支部幹事に任命したのです。
戸田会長の事業の立て直しに奮闘し、師から一対一の薫陶を受けた池田青年は、師と呼吸を合わせて戦うことこそが勝利の要諦であることを知り抜いていました。「いかなる困難があろうとも、断じて責任を全うせんとする心が、現状を打開する智慧と力を引き出すのだ」(「随筆 新・人間革命」)——活動の最前線に飛び込んだ池田青年の確信に触れ、一人ひとりが立ち上がった蒲田支部は、2月、他の支部に倍する「201世帯の弘教」という金字塔を打ち立てます。以後、多くの支部が「蒲田に続け」と奮い立ち、「二月闘争」は75万世帯達成への突破口となったのです。
池田名誉会長は、「二月闘争」の意義をつづっています。「広宣流布に生き抜く師弟の戦いは、一生の宝である。そして『二月の闘争』こそは、永遠の闘争の象徴である」

参考資料

『人間革命』  第1巻「黎明」「一人立つ」  第5巻「烈日」「驀進」  第12巻「宣言」「後継」
『池田大作全集』  第22巻
『教学の基礎』
『教学入門』
『新会員の友のために (3)』
『随筆 勝利の光』

このページのトップへ

2月の広布史 二月闘争

『新・人間革命』挿絵 戸田第二代会長と若き池田名誉会長

戸田第二代会長と若き池田名誉会長
(『新・人間革命』より)

印刷用PDFをダウンロード
819KB

※こちらのコンテンツをご覧頂くには、
Adobe Reader が必要です。下記の
アイコンよりダウンロードしてください。

Get ADOBE READER
ダウンロードの操作に困ったら

広布史に燦然と輝く戦い
1952(昭和27)年の2月、当時24歳だった若き池田名誉会長は、蒲田支部の支部幹事として、それまでの限界を大きく打ち破る「201世帯」の弘教を達成しました。これが広布史に燦然と輝く、伝統の「二月闘争」です。
当時、最も活力のある支部でも月に100世帯の弘教という時代にあって、この先駆の戦いが、全国の同志に勇気と確信を与え、波動を広げました。
この蒲田支部の「二月闘争」によって一つの壁を打ち破った学会は、この年、2万世帯を超え、翌1953年以降の広布の“飛翔期”へ盤石な基礎が築かれました。54年春には10万世帯を達成。56年には、池田名誉会長が中心となって指揮を執った「大阪の戦い」「山口闘争」などで大きく拡大し、同年末には50万世帯を突破します。そして、翌57年12月、ついに戸田第二代会長の願業である75万世帯の弘教が達成されたのです。

「師弟不二」の精神で打ち立てた金字塔
戸田第二代会長が就任した当時(1951<昭和26>年)、会員は約3000人。就任後9ヶ月たったときにも広布は遅々として進んでいませんでした。横一線に並んで進む雁(かりがね)行進を打ち破るためにはどうすればいいか。戸田第二代会長の心は決まっていました。「そろそろ大作を出すか」。そして、若き池田名誉会長が、蒲田支部の支部幹事に任命されたのです。
池田名誉会長は、次のように語っています。
「昭和27年、蒲田支部の支部幹事となった私は、広宣流布の共戦の同志に訴えた。『この2月、見事な勝利の結果をもって、戸田先生の誕生の月をお祝いしようではありませんか!』。24歳の生命は、真剣の炎、闘争の炎、執念の炎となって、第一線に躍り出た。まず自分が燃えることだ。冷たく黙したままの石でさえ、打ち合えば火花が生じる。いわんや、熱い魂と言葉をもった人間が打ち合うならば、心に火を灯せぬはずは絶対にない」
名誉会長の師を思う熱き心と、率先垂範の行動に皆が奮い立ち、それまでどの支部もなしえなかった広布の金字塔が打ち立てられたのです。
伝統の「二月闘争」を貫くものは、“断じて師の広宣流布の願業の突破口を開く”という名誉会長の弟子としての一念であり、「師弟不二」の精神であったと言えるでしょう。

コラム

誰よりも最前線で励まし続ける
当時、支部・地区・班・組という体制が整備されたばかりでした。池田名誉会長は、この最前線の組織である「組」(現在のブロック)に焦点を当て、弘教の明確な目標を示しました。そして、入会してまだ日の浅いメンバーを、「“新しい人”だからこそ“新しい力”を持っている」と励まし、一人ひとりの広布に戦う心を燃え上がらせていったのです。
また、この闘争では、これまでになかった「組」単位での折伏座談会が行われ、名誉会長はその組座談会を徹して回り抜き、一人ひとりを励ましました。そして、「全部自分のためになるからね」と勇気が湧き出る激励をし、最大限に称賛をしました。こうした名誉会長の行動は、メンバーにとって最大の励みとなり、「折伏は楽しい」と多くの友が次々と新たに立ち上がりました。
この喜びの連鎖が、壁を破る戦いにつながったのです。

参考資料

『人間革命』  第5巻「驀進」
『新・人間革命』  第3巻「平和の光」  第8巻「宝剣」
『随筆 勝利の光』

このページのトップへ