このページの位置情報
おすすめコンテンツ
画像 希望の譜 Selection
池田先生の詩を朗読と美しい風景の映像に載せて配信してきた「希望の譜」を厳選いたしました。
画像  仏教ものがたり 釈尊の時代の弟子たち
SOKAnetムービーで配信する動画から「釈迦の弟子」をもとにした創作物語のアニメーションをお届けします。
画像  お役立ち 活動アイテム集
2019年、年賀状テンプレートを配信しています!
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
創価学会 総本部
クレアティオ
友人葬
画像 東北「心の福光プロジェクト」
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
SOKA ONLINE STORE
This is My Name

会員サポート

  • 1月の広布史
  • 2月の広布史
  • 3月の広布史
  • 4月の広布史
  • 5月の広布史
  • 6月の広布史
  • 7月の広布史
  • 8月の広布史
  • 9月の広布史
  • 10月の広布史
  • 11月の広布史
  • 12月の広布史

5月の広布史

5月の広布史 創価学会の日

写真 第三代会長就任時の池田先生

池田第三代会長が就任

印刷用PDFをダウンロード
1789KB

※こちらのコンテンツをご覧頂くには、
Adobe Reader が必要です。下記の
アイコンよりダウンロードしてください。

Get ADOBE READER
ダウンロードの操作に困ったら

師弟を貫く“出発の日”
5月3日は「創価学会の日」です。それは、1951(昭和26)年のこの日に、戸田城聖第二代会長が就任し、9年後(1960年)の同じ日に、池田名誉会長が第三代会長に就任したことに由来しています。
戸田会長が就任した当時の会員数は約3000人でした。そうした中、戸田会長は、自身の就任式で“75万世帯の弘教の達成”を宣言したのです。
「もし私のこの願いが、生きている間に達成できなかったならば、(中略)遺骸は品川の沖に投げ捨てていただきたい」。烈々たる気迫に、参加者は息を飲むばかりでした。しかし、若き日の池田名誉会長はただひとり、会場の片隅で師の誓願の実現を深く決意。弘教の先頭に立ち、あらゆる戦いを勝利で飾り、75万世帯達成の原動力となったのです。

歴代会長の“誓願”に続く5.3
“75万世帯の弘教”という願業を果たした戸田会長が逝去された2年後、池田名誉会長が第三代会長に就任します。「若輩ではございますが、本日より、戸田門下生を代表して、化儀の広宣流布を目指し、一歩前進への指揮をとらせていただきます!」との力強い第一声の後、恩師・戸田会長の7回忌までに300万世帯の弘教達成を誓ったのです。
若き会長の師子吼に、学会員は相呼応して、怒濤の大前進を開始します。そして、2年後の1962年11月に300万世帯の弘教が達成されました。
戸田第二代会長、池田第三代会長が打ち立てた“広布の金字塔”は、世界への仏法流布の原動力となり、現在の世界192カ国・地域に及ぶ創価の友の連帯が築かれました。

コラム

5.3は「創価学会 母の日」
1988(昭和63)年4月27日、第1回全国婦人部幹部会の席上、婦人部の新出発にあたって、池田名誉会長は次のように提案しました。「学会でもっとも大切な記念日である『5月3日』を『創価学会母の日』としたい。そして6月10日の『婦人部の日』とともに“広布の母”である婦人部の皆様を最大に讃え、その労を顕彰する日としてはどうか」日夜、家族のために尽くし、家庭を守り、さらには広宣流布のため、世界の平和のために奮闘する婦人部の友に最大の賛辞をおくりたい——。この名誉会長の思いから、出席者全員の賛同によって「創価学会母の日」が制定されました。名誉会長はさらに、「時代感覚にマッチした、明るい、鮮やかなデザインの旗を、まず婦人部から作ってはどうか」と、三色旗に白ゆりの紋章を配した「新婦人部旗」の作成も提案しました。創価学会の永遠の発展を慶祝する5.3は、草創期から学会の最前線で拡大の“主役”を担ってきた、“広布の母”を称える日ともなったのです。

参考資料

『人間革命』 第5巻「烈日」 第12巻「新・黎明」
『新・人間革命』 第1巻「錦秋」 第7巻「文化の華」 第12巻「新緑」
『教学の基礎』
『池田大作全集』 第22巻
『随筆 桜の城』

このページのトップへ