このページの位置情報
ニュース・トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
創価学会 総本部
SaveLifeプロジェクト
画像 インスタグラムQAサイト
画像 YouTube SOKAnetチャンネル
ネットでVOD
教学用語検索
友人葬
SOKAチャンネル VOD番組ガイド

会員サポート(活動支援)

4月の広布史

4月の広布史 第二代会長戸田先生 命日

写真 第二代会長戸田城聖先生 肖像

第二代会長戸田城聖先生

印刷用PDFをダウンロード
4863KB
写真 第二代会長戸田城聖先生 肖像

第二代会長戸田城聖先生

創価学会の礎を築く
4月2日は、第二代会長戸田城聖先生の命日です。1958(昭和33)年のこの日、最後の最後まで広宣流布への情熱を燃やし続けた戸田先生は、58年の尊き生涯を全うして逝去されました。
戸田先生は戦時中、初代会長牧口先生とともに軍国主義に反対し、治安維持法違反、不敬罪の容疑で逮捕投獄されますが、信念を曲げることはありませんでした。終戦の直前に出獄した戸田先生は、日本の惨状を目の当たりにして、「この世から“悲惨”の二字をなくしたい」と、学会の再建に一人立ちました。
会長就任の際に自らの願業として掲げた75万世帯の弘教の達成、『日蓮大聖人御書全集』の発刊、後継の青年たちに託した「原水爆禁止宣言」——。戸田先生の偉大な業績は数えきれません。

桜の花の咲くころに…
戸田先生の遺言は、現在の創価学会の宗教改革運動の原点となりました。
人生の最後の総仕上げともいうべき諸行事を終え、病の床についていた戸田先生は、愛弟子である池田先生(当時青年室長)に「追撃の手をゆるめるな」と言い残します。
4月1日、極度の衰弱から駿河台の日大病院に入院した戸田先生は、翌4月2日の午後6時30分に逝去されました。生前、「桜の花の咲くころに死にたい」と語っていたとおり、東京には五分咲きの桜が薫っていました。

コラム

マスコミの“予測”を覆す学会の大発展
戸田先生の死を受けて、当時のマスコミや評論家は、「指導者を失った創価学会は空中分解する」と、書き立てました。しかし、池田先生(当時青年室長)の存在が、そうした“予測”を覆しました。
戸田先生逝去の1か月後に開かれた春季総会で、池田室長は、7年ごとに学会が節目を刻み、発展してゆくという「7つの鐘」構想を発表しました。偉大な師を失った悲しみに打ちひしがれていた学会員の、心の暗雲を払う、壮大な目標を掲げたのです。
その後、池田室長は総務に就任し、戸田先生亡き後の学会の指揮をとります。池田総務は全国各地を巡り「戸田先生の精神の継承」を訴え、会員に指針と確信を与えました。会員は池田総務の渾身の激励に、新たな希望を見いだしていきます。やがて、第三代会長に就任した池田先生のもとで、学会は今日にいたる大発展を遂げたのです。

参考資料

『人間革命』  第12巻「寂光」「新・黎明」
『新・人間革命』  第4巻「春嵐」
『池田大作全集』  第22巻
『法華経の智慧』  第1巻
『随筆 平和の城』

このページのトップへ