このページの位置情報
ニュース・トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
世界青年部総会 特設サイト
創価学会 総本部
SaveLifeプロジェクト
画像 インスタグラムQAサイト
画像 YouTube SOKAnetチャンネル
ネットでVOD
教学用語検索
友人葬

会員サポート(活動支援)

3月の広布史

3月の広布史 広宣流布記念の日

写真 笑顔で語り合う戸田先生と池田先生

笑顔で語り合う戸田先生と池田先生
(1958年3月)

印刷用PDFをダウンロード
1710KB
写真 笑顔で語り合う戸田先生と池田先生

笑顔で語り合う戸田先生と池田先生
(1958年3月)

広宣流布の模擬試験
3月16日は「広宣流布記念の日」です。1958(昭和33)年のこの日、第二代会長戸田先生のもとに、男女青年部の精鋭6000人が集って「広宣流布の模擬試験」と呼ばれる式典が開かれました。
前年の暮れ、生涯の願業である会員75万世帯を達成した後、病の床にあった戸田先生が、池田大作先生(当時、青年室長)に「将来のために広宣流布の模擬試験、予行演習となる式典をしておこう」と提案して行われたのが、この式典でした。
これは、広宣流布の後事のいっさいを、次代を担う青年たちに託すために、広宣流布の成就を想定した模擬的な儀式を行うことを意味していました。

バトンを青年部に託す
12時40分、池田室長の司会で、式典が始まりました。 戸田先生は、急の知らせを受けて全国から馳せ参じた6000人の青年に対し、「われわれには広宣流布を断じてなさねばならぬ使命がある。それを今日、私は君たち青年に託しておきたい。未来は君たちに任せる。頼むぞ広宣流布を!」と叫びました。そして「創価学会は、宗教界の王者であります」と、戸田先生が生涯をかけた広宣流布の勝利の宣言をしました。式典は、戸田先生が、広宣流布のバトンを青年たちに託す儀式となったのです。
池田先生は、「3.16」の意義について、次のように語っています
「3.16は、師から弟子への『継承』の日であり、『後継』の弟子が立ち上がる日である。その意味で、この日は、永遠の『出発』の日である」

コラム

青年への“慈愛”と“薫陶”
3.16の式典当日の早朝、全国各地から続々と到着する青年たちを待っていたのは、身も心も温まる「豚汁」でした。「皆に何か温かいものを食べさせてやりたい」との戸田先生の配慮によるものです。師の慈愛が、若き青年たちを温かく包みました。
この時、身体が衰弱し歩行が困難な戸田先生のために、池田室長は車駕を作りました。『三国志』に登場する蜀の丞相・諸葛孔明が、五丈原の戦いで四輪の車に乗って指揮をとった故事になぞらえたものでした。それを見た戸田先生は「大きすぎて、実戦には向かぬ!」と、闘将の気迫を、身をもって愛弟子に伝えようと叱咤しました。しかし、真心に応え、車駕に乗って悠然と会場に向かいました。
後に池田先生は、この時を振り返り、「最後の最後まで、命を振り絞っての、愛弟子への訓練であった。そのありがたさに、私は心で泣いた」と記しています。

参考資料

『人間革命』  第12巻「後継」
『新・人間革命』  第2巻「錬磨」  第4巻「春嵐」
『随筆 桜の城』  「3.16の大儀式を偲びつつ」

このページのトップへ

3月の広布史 小樽問答 記念日

写真 司会者として登壇する池田室長

司会者として登壇する池田室長

印刷用PDFをダウンロード
1678KB
写真 司会者として登壇する池田室長

司会者として登壇する池田室長

身延派を圧倒した司会の第一声
1955(昭和30)年3月11日、北海道の小樽市公会堂で、創価学会と日蓮宗身延派との公開法論が行われました。これが「小樽問答」です。
当日は第二代会長戸田先生が会場で陣頭指揮をとり、若き日の池田先生(当時青年室長)は法論の司会を務めました。「間違った邪教といえる身延派の 信者が、全国にわたって何千、何万と創価学会の会員となったことは、じつに創価学会が正しいという証拠であります!」との、身延派を圧倒する池田室長の司会第一声で、既に勝負は決していたと言えるでしょう。

学会の正義を社会に証明
「司会者は大作以外に考えられない」と、池田室長を司会に指名した戸田先生の期待に存分にこたえる“破折精神”みなぎる第一声に、会場の空気は一変しました。
双方から2人ずつの講師が出た法論でしたが、身延側は蛇や狐を拝ませている「本尊雑乱」の実態を突かれて立ち往生。講師が壇上で“絶句”するなど、勝敗は誰の目から見ても明らかでした。こうして法論は完全な大勝利に終わり、身延派の邪義を打ち破った学会は、その正義を社会に証明したのです。
学会勝利を満天下に示した小樽問答。その後の2年間で北海道の世帯数は約8倍に躍進しました。

コラム

婦人部の“確信”が呼び込んだ学会の勝利
小樽問答の発端となったのは、小樽のとある洋品店での家庭指導でした。当時の小樽班の班長・班担当員・組長の3人の女性たちが、身延派から改宗した家庭に指導に出向いた折、身延派の僧侶2人と遭遇したのです。
小樽班が結成されたのは、この前年の1954年の8月。信心して半年にも満たない彼女たちには、難しい教学の話はよくわかりませんでした。「学会がどうして正しいのか根拠を示せ」と、難癖 をつける僧侶らに、ただ、純真に祈り、弘教に走って得た“体験”と“確信”で、少しもひるむことなく学会の正しさを語ったのです。
檀家を取られることを阻止しようとした身延派の僧侶に、一歩も引かず、自らの確信を語った女性たちの一途な思いが、この公開法論へと発展し、学会の勝利を呼んだのです。
日蓮大聖人は、法の正邪を明らかにするため、他宗に対して常に公場対決を迫ってきました。小樽問答の勝利は、日蓮大聖人の信心の血脈が学会のなかにこそ躍動していることを証明するものでもあったのです。

参考資料

『人間革命』 第9巻 「発端」「小樽問答」

このページのトップへ